FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
初夏の贈り物
2012-05-21 Mon 00:04
先日の事

 子供の頃、未来の道具だったものが四半世紀以上過ぎると実現していることもある。ドラえもんの数々のアイテムも僕らの世代が生きているうちにいくつか実現してほしいものである。

 僕の予測では、タイムマシンは1%、どこでもドアは3%、暗記パンは5%の確率で実現してしよう(これ、希望です)。

 そんな中でまさに未来のツールの実現ともいえるべきものといえば、数々のIT機器であろう。ネットやメール、最新のスマートフォンを見ていると、ウルトラ警備隊のビデオシーバーすらむしろ古めかしく感じてしまう。僕らがペットとしてミクラスやウインダムやアギラをカプセルに入れて携帯する日も遠くはなさそうだ。

「今日は天気がいいからミクラスを散歩させるか」
「明日は孫が遊びに来るからウインダムに遊び相手になってもらおう」

 てな具合である。

 閑話休題

 二か月ほど前、突然、高校時代の友達から1通のメールが届いた。卒業して5年ほどはよく会っていたが、以後は疎遠になり25年は会っていないという関係である。

 25年ぶりの突然の「手紙」・・ちょっぴり驚く。
 なぜ、メールが・・・

 からくりは簡単だ、この25年間、僕たちは細い糸で結ばれていたのである。
 ちょっぴりかっこいいが、タネを明かせば・・年賀状のやり取りだけはずっと続けていたのだ。この細い糸が僕らを再び結びつけた。

(そういえば、メールアドレス載せてたなぁ・・・)

 内容は高校の同窓会の連絡だった。高校卒業以来30年、一度も同窓会は開かれていない。クラス会ではなく同窓会ということで、集まる人数によって会場を取るから連絡してほしいとのこと。
 手帳を開くと運よく都合がつきそう・・僕は出席の返事を送った。

 1週間ほどして詳細が再びメールで送られてきた。80名近くが出席するとのことだ。

 僕は思った。30年ぶりに高校の友達と会えることはもちろんうれしく、心も弾む。しかし同時に「メール」というツールのすごさというものにほとほと感心した。

 メールは両刃の剣である。

 僕もかつてメールで嫌な思いをしたことが多々あり、一時は着信の音を聞くだけで寒気がするほどであった。声も姿もないこのツールは使い方によっては人を極限まで追い込むことさえできる。言葉は時に凶器と化す。

 しかし、今回はメールというツールの素晴らしさを身をもって体験した。眼からうろこが落ちる思いである。

 一昔前ならば、この同窓会おそらく実現していなかったに違いない。30年経てば住所も変わる、女性ならば苗字も変わる、加えて「個人情報漏洩過剰ピリピリ時代」である。

 誰か心ある人が同窓会を開こうと思い立ち、幹事を引き受けたとしても連絡先を調べようないのだ。仮に調べられたとしても、一人一人に往復ハガキで出欠をとり、会場を手配するなどその労力たるや途中で挫折してしまうに違いない。

 そこでメールである。

 誰か一人をメールで誘う、その一人が違う二人をメールで誘う、その二人がさらに新たな二人に連絡をする・・・

 そう!まさしくこれは「ネズミ講」か「不幸の手紙」のシステムそのものである。上記は間違った使い方であるが、同窓会メールは非常に正しい使い方なのだ。
 池に広がる波紋のように、枝を伸ばす菌糸のように、ものの1週間で何百人という旧友たちをつなげることが可能なのだ。

 こうして僕らの高校の同窓会が30年ぶりに開催されることになった。

 さて、会が近づくにつれてほんの少しだが僕は心配になってきた。何しろ30年ぶりである。夜、寝しなに想像すると色々なことが頭をよぎってくる。

 ① 再会しても誰だか判別できるのだろうか。
 ② 判別できたとして何を話せばいいのだろうか。
 ③ 憧れの彼女の変貌にショックを受けないだろうか。

 このほかにも14個ほど不安が浮かんだのだが、ここでは割愛することとする。僕は結構心配性なのである。

 さらに会が数日後に迫ってくると不安はおろか緊張までしてきた。
(せっかく行くからには楽しんでこなくてはならない・・・)
(久々に会う仲間に失礼があってはいけない・・・)
 何やら合格を取りに行く受験生の心境だ。

 ① 受験生は予習を始めた。

 卒業アルバムを引っ張り出して、1組から順に写真と名前の照合を始めてみたのである。
 しかし、僕らの高校は全部で9クラス、400人近くいるのだ。ましてや、30年の年月に一人一人のルックスは大きな経年劣化(失礼)を遂げているはずで、僕の予習は2組の途中で挫折した。

 ② 一応シュミレーションしてみた。

 1年ぶりの再会ならば
「元気にしてたか?」
 
 10年ぶりの再会なら
「子供は何歳になった?」

 など身近な話題や挨拶も見つかろうというものだが、何しろ敵は30年ぶりに攻めてくるのである。

「元気ー?」 
 は不自然だし。

「卒業後、どうしたの?」 
 と訊くと自己紹介に2時間くらいかかりそうだ。

「よう、生きてたか?」 
 では、30年ぶりの再会直後に殴り合いになりかねない。

 考えると疲れて病気になりそうなのでこれまた行き当たりばったりで行くこととする。

 ③ こればかりはどうしようもない。

 僕にも人並みに高校時代憧れの女の子がいたのだが、告白してフラれて以来卒業後これまた会ったことはない。
 20代くらいならば、あらぬ思いに心もときめくかもしれないが、30年も経てばそれもなかろう。

 あるのは
「会わなきゃよかった」
 という初期のセブンイレブンのCMのキャッチコピーを彷彿とさせる思いだろう。

(あの憧れの彼女が・・・)

 まあ、これはこれとて覚悟するしかない、僕は腹をくくった。

 もし、大好きだった彼女と再会をし、その彼女が大きく変貌を遂げていようとも話しかけるぞ!

 最悪の場合のシュミレーションとして、僕は吉永小百合がマツコ・デラックスになっている姿を想像してトレーニングに励んだ。


 さて、同窓会の当日がやってきた。僕はいそいそと初夏の銀座へと繰り出していった。太陽がふりそそぐ爽やかな日である。
 開会30分前、無事に会場に到着、僕は大きく一つ深呼吸をして店の扉を開けた。

 最初に記しておこう、結果として・・・僕の不安はすべて吹き飛んだ。

 心から楽しい会でした。

 3時間という時間があっという間に過ぎていった。昔、親交のあった仲間は会えばすぐにわかった。もちろん、再会した仲間たちは男も女もみんな立派に老けていた。髪の毛が無くなったやつも、真っ白なやつも、女性だって、横に膨らんだ人も沢山いたし、みんなシワもいっぱいあった。でも、声や人柄は昔と全く変わっていないのだ。
 話題に困ることも全くなかった、いや、何から話していいのか話が途切れずに結局2次会までなだれ込み、終電近くまで旧交を深めることが出来たのである。(ただ憧れの彼女だけは「残念ながら」欠席でした)

 時間がタイムスリップするとはまさにこういうことをいうのだろう、来ていたみんなが楽しそうだった。80人近い全員が自己紹介をした。

 幹事を引き受けてくれた仲間が用意してくれたのは高校時代の写真のスライドショー。
スクリーンに映し出される30年前の写真の数々に僕は懐かしくて不覚にも涙してしまった。

 多くの仲間とアドレスの交換をした。
 これで

(これからは会おうと思えばいつでも会えるんだ)

 と思うと、人生の楽しみがいっぺんに増えた気がした。

 かつては僕を苦しめたメールが今回は僕を幸せな時間へと導いてくれた。
 昔、ひどい目に遭って大嫌いだった女性が、時を経てこんなに優しかったのかと気付く、そんな感じだろうか。

 1通のメールが運んでくれた初夏の素敵な贈り物でした。

 僕は心の中でつぶやく。
 
 メールよ、ありがとう!


関連記事
別窓 | 随筆 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<誕生の記  | つれづれペンペン草  おのみちたかし | 幻の先生>>
Re: よかったですね!
コメントありがとうございました

本当に楽しかったですよ。

10年くらい若返りました。

またおじゃましますね。


> 私も小学校時代の同窓会に行きました。
>
> 顔覚えてるんだけど、名前が出てこない!!
>
> 予習必要でしたねww
>
> でも当時のガキ大将に卒業アルバム取られちゃって...
>
> 予習できませんでした。
>
> 好きだった女の子とは隣の席に偶然なりました。
>
> 嬉しかったですね...
2012-05-27 Sun 00:22 | URL | おのみち たかし #-[ 内容変更] | top↑
よかったですね!
私も小学校時代の同窓会に行きました。

顔覚えてるんだけど、名前が出てこない!!

予習必要でしたねww

でも当時のガキ大将に卒業アルバム取られちゃって...

予習できませんでした。

好きだった女の子とは隣の席に偶然なりました。

嬉しかったですね...
2012-05-24 Thu 22:26 | URL | にーチェ♪ #-[ 内容変更] | top↑

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| つれづれペンペン草  おのみちたかし |

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。