QLOOKアクセス解析
カーナビの奇跡
2015-04-20 Mon 00:11
 人間の知能と技術はすごい!

 例えば携帯電話。
 
 何気なく当たり前のように使っているが、よくよく考えてほしい。

 「なぜ日本にいる人とアメリカにいる人がリアルタイムで話せるのか」
 海底ケーブルでつながっているのならばまだ理解はできる。
 「なるほど・・糸電話の親分みたいなものなのね」
 しかし、現実に線はつながっていないわけだ。
 「そりゃあなた・・電波が衛星放送を経由してね・・・」
 理屈ではわかるが考えれば考えるほど不思議だ。

 例えばメール。
 
 手もとで書いた手紙の文字が数秒後に相手に届くのである。

 (どうやって?どこを飛んでいく?)

 例えばパソコン。
 
 1秒間に数億桁の計算をしてしまうのだ。

 (誰が?どんな天才小人が中に入ってるの?)

 考えれば考えるほど発明した人は本当にすごい!


 この春新車を購入した。

 14年間酷使したワンボックス車にとうとう寿命が来たことに加えて、4月からの軽自動車税の増税がその後押しをし、最終的には「家族も成熟し大きな車の必要性が少なくなったこと」が買い替えという決断に至らしめた。

 晴れて納車となり、毎日気分も新たにドライブを楽しんでいる。

 新車にはカーナビが付いた。

 前の車にはカーナビがなかったので僕にとっては新鮮な驚きの連続である。

 「自宅」・・と話しかけると道を教えてくれる。

 僕の家は世界中に知れた名のある邸宅ではない、東京の郊外の山の上にあるごくごく小さな家である。
 それなのにカーナビは曲がるべき信号の名前を全て言い当て家まで導いてくれるわけである。アラジンと魔法のランプに出てくる魔人の召使いが僕の車の上を一緒に飛んでいる錯覚に陥るくらいだ。

 僕の自宅だけならまだしも、何千万台と走っている世界中の車の指示する行先を全て案内してくれるのだ、もはや「お前は神か?」と尋ねたくなる。

 子供の頃、小学館の学年雑誌によく未来予想図がイラストとして描かれていた。

 テレビ電話・惑星旅行・深海探査・ロボット・宇宙エレベーター etc

 こうしてみると生きている間にその半分以上は実現しているのだ!未だに実現されていないのはタイムマシンとどこでもドアくらいなものである。

 僕らはそうした「夢」が「実現」していく過程を自分の目で見ながら大人になってきたのだ。

 「幸せな時代に生まれたなぁ」と感謝の気持ちとともにしみじみと思う。

 きっと数十年後には車が空を飛び、日帰りで火星に旅をし、スイッチ一つで仕事場へ行けるような光景が当たり前のように見られるのだろう。

 念じるだけで体重が減る・・なんてのがいいなぁ・・

 
 カーナビに向かって話しかけてみる・・

 「夢の国へ!」

 車は僕をどこへ連れて行ってくれるだろうか・・・


  ウルトラホーク「Tanto」 発射準備完了!!


新車















関連記事
別窓 | 随筆 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ささやかなハプニング | つれづれペンペン草  おのみちたかし | 春を探しに>>
便利さ
miss.key さんへ

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりすみません。

カーナビ今日も使いましてあらためて感動しています。
時々指示を無視して走ってみると文句も言わずにまた新たに道を案内してくれます。

この先どれだけ世の中は便利になるのか・・

子供の頃は欲しいものがたくさんあったけど、だんだんお金で買えるものは欲しいものが少なくなってきたように思います。

お金で買えないものが本当は大切なんですよね。
2015-04-28 Tue 02:15 | URL | おのみちたかし #-[ 内容変更] | top↑
私だけど私の家へ
 昔そんなCMがありましたね。何処に言っても認識されてしまうというのはある意味怖いかもしれません。便利な世の中が果していいのかどうか、ちょっと考えさせられました。カーナビは本当に便利ですね。しかしそれが落とし穴だったりします。道を覚えません。途中に目が行きません。目的地のある人には便利なんですが、目的地の無い人にはあまり意味を持ちません。ただ、自分が今何処にいるか判るのは便利です。迷ってしまいたい時はとても迷惑なんですが・・・。人間て我儘なものです。
2015-04-26 Sun 14:48 | URL | miss.key #eRuZ.D2c[ 内容変更] | top↑

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| つれづれペンペン草  おのみちたかし |

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる