FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
箱根の山は
2013-12-20 Fri 02:05
「お玉さん」

不勉強で恥かしいが、初めてその名を知った。
江戸時代、関所破りの罪を犯し獄門となった女性である。

旅に出るとその土地にまつわる歴史を学ぶことも多い。今年の夏に出かけた伊豆の下田では唐人お吉さんのことを知った。心に残るのは武勇伝を残した英雄よりも、運命の糸に操られ、幸せとは言えない人生を歩んだ人々だ。

お玉は静岡の貧しい村に生まれた女の子、家を助けるため江戸に奉公に出ていた。しかし、あまりにも厳しい生活に耐え切れなくなり奉公先を飛び出し故郷の村へ帰ろうとする。江戸と静岡の間には箱根の関所が・・当時「入り鉄砲出女」は関所で最も厳しく取り調べられた。お玉は奉公先を逃げ出してきた身の上、当然通行手形など持っているわけもない。やむなく、関所の裏山を超えて関を越えようとするも、厳重な警備の中捕らえられ、二ヶ月間の投獄の末、死罪を命ぜられた。

関所破りは最も重い罪の一つ、罪を犯せば磔が掟だったが、お玉は一つ軽い獄門(さらし首)になった。処刑された地には「お玉が池」の名が今でも残っている・・・


箱根を旅した。

東京からわずか1時間あまり、身近な土地だけれど案外と知らないものである。僕の箱根に関する知識といえば「温泉」「芦ノ湖」「箱根駅伝」で終わりであった。しかし、歴史的にも、また地質学的にも、そして観光地としてもとても興味深い場所。少し紹介させてください。

箱根フリーパスを購入。
発売駅にもよるけど5000円程度で、箱根一帯の乗り物がほぼ乗り放題。今回何と右回りと左回りの2周で使用。計算してみたら約12000円分、十二分に元を取った!

箱根湯本駅

箱根湯本

箱根登山鉄道です 急勾配を登っていく趣 三度にわたるスイッチバック トロッコ電車などこうした鉄道は観光専用になりがちだが、この鉄道は地元の人の生活の足でもある。夜は11時近くまで走っているし、終点の強羅には学校がありたくさんの生徒たちが利用している。廃止になることはおそらくないだろう。「生きている」路線であることがこの鉄道の魅力を大きくしている。もちろん景色も見所満載 楽しい 楽しい!

登山鉄道

窓からの眺めも趣があってとてもいい

渓谷

急峻にしがみつくように作られているので、急カーブやトンネルの連続です。

トンネル

カーブ

スイッチバックの様子 右下から上がってきて

スイッチバック0

折り返して左上に登っていきます

スイッチバック2

スイッチバック

小涌谷駅 小涌園やユネッサンなどの観光施設があります。

小涌谷

終点 強羅

強羅

強羅でケーブルカーに乗り換え

ケーブルカー

さらにロープウェイに乗り換え

ロープウェイ乗り場

ロープウェイ

途中「大涌谷」を下に眺め

大涌谷

山を越えると視界が開け富士山が望めます

富士山遠景

大涌谷で下車。
初めて訪れたけどなかなかの絶景でした。噴煙というか水蒸気が山肌から吹き出し、まさに「火山!」という感じ。子供の頃見た仮面ライダーのロケ地に使われていたような記憶が・・違ってたらすみません。

大涌谷看板


ここでの名物はなんといっても「黒たまご」ひとつ食べるごとに寿命が伸びるという宣伝文句。

黒たまご屋さん

五個入りを購入、3日間かけて美味しくいただきました。

黒たまご五個入り

現物はこんな感じ 味は特に普通かな・・

黒たまご

黒たまごクン(勝手に命名)

黒たまごくん

大涌谷を頂点に芦ノ湖へ下ります、桃源台から海賊船に乗り、芦ノ湖を横断。ちなみに翌日は雪の降るさむーい一日となりました。

雪

雪空の海賊船

雪の海賊船

海賊

元箱根の並木

元箱根

鳥居

さて、冒頭に書いた箱根の関所跡です。

箱根関所

入口にある立派な黒門

関所門

観光名所によくあるマネキンディスプレイ 足尾銅山や鉄道博物館で用いられたマネキンによる再現 個人的には好きなんです、何とも言えない雰囲気があって、夜に来たら怖いだろうなぁ・・

門番

「足軽」との説明です。

足軽

取り調べをする役人

取調べ役人

牢獄です ここにお玉も入れられたのでしょう。

牢屋

ちなみに資料館のキャラクターは「お玉ちゃん」。
死罪となったお玉がかわいらしいキャラクターとなって笑顔で説明してくれます。正直ちょっと違和感が・・「あたし、磔にならないで獄門になったの!」的なノリなのです。
資料館は撮影禁止なので写真はありませんが、とても興味深かったです。関所破りとなった罪人の磔の絵図や指名手配になった男のモンタージュ写真(もちろん当時のものではなし)など。特に出女に関する取り調べは相当厳しかったことがわかります。

二泊三日の旅でした。

あっ、もちろん温泉も最高です!

お正月には「箱根駅伝」があります。一度見に行きたくなりました。

箱根 オススメです!

箱根湯本温泉





関連記事
別窓 | 随筆 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<その男 夜行性につき・・ | つれづれペンペン草  おのみちたかし | こんなこといいな!>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| つれづれペンペン草  おのみちたかし |

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。