FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
魅惑のマネキン
2013-08-12 Mon 00:00
「てっぱく」・・つづき

ひばり

 僕らのヒーロー「ウルトラセブン展」が日本橋三越で開催されいた。
 よっぽど出かけようと思ったが、HPで調べてみると、このイベントも「ケツの穴が小さい」写真撮影禁止とある。一気に行く気を失くした。あらためて「てっぱく」のフトコロの深さに拍手を送りたい。

「ウルトラセブン」の名作に「アンドロイド0指令」がある。オモチャで子どもの心をコントロールして人類の征服を企むチブル星人の登場する回である。

 大人は攻撃してくる子供達を殺すことができない・・という人間の良心を攻めるという非常に頭脳的で狡猾な作戦である。チブル星人の造形も「脳」がモチーフである。

 ウルトラセブンは他の怪獣ものと違い、こうした頭脳戦を企てる宇宙人が多く登場する。ビジュアルもシュールかつファンタジックで子供心に本当に胸をときめかせたのを覚えている。メトロン星人やペロリンガ星人など、僕のお気に入りは、こうした等身大の宇宙人が「活躍」する。

「アンドロイド0指令」ではマネキン人形が非常に印象的に使われていた。
 夜の寝静まったデパートのオモチャ売り場が舞台である。子供を操っていたチブル星人の手下らしき金髪の女性がマネキンに変わる場面があった気がするし、何より、夜のデパートにあるマネキンはその存在だけで不気味だ。これが動いて追いかけて来でもしたら、僕はウサインボルトよりも速く逃げ出すかも知れない。

 それでいて、マネキンというのは不思議な魅力もある。人間の形をしていながら無機質という点では「死体」を連想させる。顔がのっぺらぼうなのも恐怖心を掻き立てる一因だが、かといって顔が描いてあったらどうだろうか、その瞬間マネキンの持つ一種の「冷たい」「クール」といった魅力が一挙になくなってしまう。笑ってしまうかもしれない。あの人間のようで人間でないというフォルムや雰囲気に不思議な魅力を感じるのだ。

「てっぱく」の展示には数多くのマネキンが使われている。電車の中の乗客だったり、荷揚げをする労務者だったり、仕事に励む駅員だったりする。
 
 これが・・実にいいのだ!
 
 時にファンタジックであり、時にノスタルジックであり、魅力に溢れているのである。もし、このマネキンがなく、電車や客車だけの展示だったら・・それはそれでメカニック好きのファンは楽しいかもしれないが、僕は何だか機械的でつまらないなぁと感じただろう。

 このマネキンがいるおかげで、昔の電車に乗れば、まるでその時代にタイムスリップしたかのような気分になる。数もちょうどいい。あまりに多すぎるとそれこそ雰囲気もぶち壊したが、薄暗い館内は、50年前・100年前の夕暮れ時を、仕事を終えて袴をはき家路に向かっている・・まさにそんな風情で、絶妙の寂しさを醸し出しているのだ。

 この展示形態を発案した人のセンスに拍手を送りたい。

「てっぱく」はもちろん博物館だが、ノスタルジーを体感できるテーマパークでもある。


 特急車内 これはこれでかっこいいですね。

特急車内

 網棚に置き忘れた唐草模様の風呂敷 こうした細かなデイテールにこだわった「小道具」が非常に秀逸です。

風呂敷


 では、いよいよここからは「魅惑のマネキンコレクション」です。等身大のジオラマといってもいいでしょう。みなさんはどう感じるでしょうか。それでは十分にご堪能ください。


 地下鉄の車内風景

人形4

 乗客ドール アップ 

人形2

 学生・女学生 何とも言えぬ風情が・・

人形3

 このあたりはとてもノスタルジック

人形11

 駅から中を見ると・・

人形12

 時代が少し新しくなります。

「列車表示板を取り換える駅員」リアルでいいでしょ

人形5

 列車の外でも仕事してます。

人形1

 コンテナの荷揚げ

人形10

 寝台特急

人形7

 おやすみなさい・・

人形8

「おねえさん!冷凍みかんひとつ!」

人形6

 まだまだあります。

人形17

人形14

どうです?
何とも言えない不思議な雰囲気でしょ。

今回の聖地巡礼であらためて、鉄っちゃんとしての心を清めることができた。やはり1年に一度の巡礼は欠かせないものであろう。全国の同士たちよ、また来年聖地にて会えることを楽しみにしております。

帰路はニューシャトルと八高線を使い八王子まで一筆書きで帰ってきました。

大成駅

ライナー

八高線



ふろく

「踊り子」ヘッドマーク

踊り子

白黒テレビ・・鉄道とは関係ないかな・・

白黒テレビ

顔を出してはいけません。

窓注意

時刻表とラジオ

時刻表

駅名表示ですね。

行き先板

休憩用のベンチも凝ってます。

休憩ベンチ

ランチトレイン 全景 この中で駅弁を食べるのだ!

イートライナー

LED表示

LED.jpg

とっても楽しい一日でした。

客車

では、今回はこのあたりで

人形13

さようなら・・・














 
関連記事
別窓 | 随筆 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<人生午後1時 | つれづれペンペン草  おのみちたかし | 聖地巡礼>>
大海彩洋さんへ
また、来てくださって嬉しいです。

僕と好きなマネキンが一緒です(^∀^)
ちょっと不気味なところがツボですよね。
風呂敷の遊び心も好きです。

お姉さんのコスチュームもポイントです!

コメントありがとうございました。
2013-08-17 Sat 00:05 | URL | おのみちたかし #-[ 内容変更] | top↑
シュナイダーさんへ
本当にええですよね。
こうしたタイムスリップ体験はなかなか素敵です。
木で作られている物ってなぜに郷愁をさそうのでしょうか。

コメントありがとうございました(^∀^)
2013-08-16 Fri 23:59 | URL | おのみちたかし #-[ 内容変更] | top↑
ほんと、いいですね!
この人形、下手に顔がないところがいいです。
レトロ感もあるし、あれこれ想像の余地も残されつつ、いささか予算の関係も醸し出されつつ…^^;
個人的には棚の上の唐草模様風呂敷包みと、寝台車で寝ている人が本を読んでいるのと、冷凍ミカンを売っているお姉さんが気に入りました。
この記事を拝読して、ますますてっぱくに行きたくなりましたよ(*^_^*)
2013-08-15 Thu 23:45 | URL | 大海彩洋 #nLQskDKw[ 内容変更] | top↑
鉄道が普及していったのは明治後半~ですからね。
その当時はクーラーもありませんし、
今のようにリクライニングもあるわけですが、
長い距離の足として多くの人が利用していましたからね。

その当時の風景を再現するところがええですよね^^
2013-08-15 Thu 23:12 | URL | シュナイダー #-[ 内容変更] | top↑

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| つれづれペンペン草  おのみちたかし |

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。